{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

おすすめの食べ方


ウチモモ(ステーキ)の焼き方

はじめに
・火を入れ過ぎますと、かたくなってしまいますので、ご注意ください。
・お肉を焼く30分ほど前に冷蔵庫から出し、室温に戻してください。
・味付けは、火入れの前に塩をサッとひとふり、胡椒は火入れ後にサッとひとふりすることで焦げによる雑味を軽減すると共に肉の香りを邪魔しません。今回は、香りに集中するため、胡椒は全くなしでもOKです。
・ウチモモとミスジは、異なるフライパンで焼いてもらえると、香りが混ざらなくて良いですが、同じフライパンでも大丈夫です。

火入れ方法【合計:8分ほど】:
1) 脂を敷いたフライパンを中火にかけ、煙が出る少し前まで熱してください。
2) 【20秒】 熱されたフライパンにウチモモ and/or ミスジを入れていただき、20秒ほど、かるくフライパンをゆすると、お肉がフライパンからはがれ、動く程度まで待ちます。
3) 【20秒】かるくゆすって動く程度まで焼けたら、ひっくり返して、同じように20秒ほど反対の面を焼きます。
4) 【40秒】 さらにひっくり返し、約40秒。
5) 【40秒】 そしてひっくり返して、約40秒。
6) 【5分】 アルミホイルを2枚用意し、ウチモモとミスジをそれぞれ異なるホイルで包み、約5分ほど余熱で火を入れます。
7) 余熱火入れ5分の間に、フライパンに残っている脂を拭くか新しいフライパンを用意してください。酸化した脂が味と香りに影響するためです。
8) 新しい脂を敷き、フライパンを同じように煙が出る少し前まで熱し、お肉を戻します。
9) 【60秒】 両面約30秒ずつ※、仕上げの焼きです。

ポイント:
・火がよく入ると、より肉の味と香りを強く感じていただけます。
・逆に火入れが浅いほうが脂のあま味を感じやすくなります。
※お好みで最後の仕上げ火入れの30秒を1分~1分30秒に調整してください。


煎茶の淹れ方

煎茶の香りと味わいは、熱湯で淹れてしまうと苦味ばかりが出てしまうので、70℃くらいのお湯もしくは、水出しをおすすめします。

(1)急須を用意し、茶葉を急須に入れます。茶葉の量は普段より少し多めにし、水100mlに対し10g(ティースプーン約5杯分)が目安です。

(2)急須に冷水を注ぎ、抽出されるまで5分程待ちます。(時間がある場合は30分~1時間かけてじっくり抽出すると煎茶の甘味がより濃厚になります。) 70℃くらいのお湯の場合は、抽出されるまで1分程お待ちください。

(3)茶葉が開いたら、グラスにお茶を注ぎます。

急須を冷蔵庫に保管しておけば、1日以内であれば5煎目ぐらいまで淹れられます。茶葉が開いてからの2煎目以降はより短い時間で抽出でき、氷水を入れて5秒~3分程でできます。

1煎毎に、味と香りが変わっていくのも煎茶の愉しみ方。
最低3煎は淹れて、お楽しみください。

詳しくは、以下のページを参考にしてください。
日本茶インストラクター協会、日本茶の淹れ方

※商品の性質上、写真と異なる場合があります。

※京中式熟成牛肉は商品の性質上、農家からの牛の仕入れ状況、および長期熟成の状況に伴い供給可能な数や価格に変動が生じる場合があります。誠に恐れ入りますが、最新の価格をご確認の上、ご注文いただきますようお願いいたします。

返品・交換について

生鮮食品のため原則としてお客様のご都合による返品・交換は致しかねますのでご容赦ください。商品の品質には万全の注意を払っておりますが、出荷間違いや配達中の事故等で商品に破損・損傷等が生じた場合は、商品到着の翌日までにご連絡ください。商品到着翌日までにご連絡がない場合、商品の返品・交換はお受けしておりませんので予めご了承ください。商品発送の前日まではキャンセルを承ります。

明日お届けできるお肉

明日お届け、京中式熟成牛肉ウチモモと宇治「丸利吉田銘茶園」のペアリング

京中式熟成牛肉ウチモモと宇治の煎茶のセットです

商品番号 gd256
当店特別価格 ¥ 2,592 税込

1配送につき10,800円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ギフト包装について

商品の特長


ペアリングセット

京中式熟成牛肉と宇治茶をお届けします。

京中式熟成牛肉 ウチモモ 100g×1枚
           ×
丸利吉田銘茶園 煎茶 25g(約2回分)×1袋

煎茶のかろやかで心地よい苦みが京中式熟成牛肉の赤身部位ウチモモのかろやかで奥行きのある味わいを引き立てます。


丸利吉田銘茶園さんは、日本最古茶園(京都栂ノ尾高山寺茶園)を守り、吉田喜三郎、利喜三、利一と茶作り一筋に十六代、歴史ある生産家として日々良質の茶作りに精進し、宇治茶全体の発展にも尽力していらっしゃる宇治の茶農家さんです。

丸利吉田銘茶園ウェブサイト
https://yoshida-meichaen.com

商品の詳細

消費期限:出荷日より3日間
保存方法:冷蔵(10℃以下)で保存
原産地:黒毛和牛(国産)、煎茶(国産)

おすすめの食べ方


ウチモモ(ステーキ)の焼き方

はじめに
・火を入れ過ぎますと、かたくなってしまいますので、ご注意ください。
・お肉を焼く30分ほど前に冷蔵庫から出し、室温に戻してください。
・味付けは、火入れの前に塩をサッとひとふり、胡椒は火入れ後にサッとひとふりすることで焦げによる雑味を軽減すると共に肉の香りを邪魔しません。今回は、香りに集中するため、胡椒は全くなしでもOKです。
・ウチモモとミスジは、異なるフライパンで焼いてもらえると、香りが混ざらなくて良いですが、同じフライパンでも大丈夫です。

火入れ方法【合計:8分ほど】:
1) 脂を敷いたフライパンを中火にかけ、煙が出る少し前まで熱してください。
2) 【20秒】 熱されたフライパンにウチモモ and/or ミスジを入れていただき、20秒ほど、かるくフライパンをゆすると、お肉がフライパンからはがれ、動く程度まで待ちます。
3) 【20秒】かるくゆすって動く程度まで焼けたら、ひっくり返して、同じように20秒ほど反対の面を焼きます。
4) 【40秒】 さらにひっくり返し、約40秒。
5) 【40秒】 そしてひっくり返して、約40秒。
6) 【5分】 アルミホイルを2枚用意し、ウチモモとミスジをそれぞれ異なるホイルで包み、約5分ほど余熱で火を入れます。
7) 余熱火入れ5分の間に、フライパンに残っている脂を拭くか新しいフライパンを用意してください。酸化した脂が味と香りに影響するためです。
8) 新しい脂を敷き、フライパンを同じように煙が出る少し前まで熱し、お肉を戻します。
9) 【60秒】 両面約30秒ずつ※、仕上げの焼きです。

ポイント:
・火がよく入ると、より肉の味と香りを強く感じていただけます。
・逆に火入れが浅いほうが脂のあま味を感じやすくなります。
※お好みで最後の仕上げ火入れの30秒を1分~1分30秒に調整してください。


煎茶の淹れ方

煎茶の香りと味わいは、熱湯で淹れてしまうと苦味ばかりが出てしまうので、70℃くらいのお湯もしくは、水出しをおすすめします。

(1)急須を用意し、茶葉を急須に入れます。茶葉の量は普段より少し多めにし、水100mlに対し10g(ティースプーン約5杯分)が目安です。

(2)急須に冷水を注ぎ、抽出されるまで5分程待ちます。(時間がある場合は30分~1時間かけてじっくり抽出すると煎茶の甘味がより濃厚になります。) 70℃くらいのお湯の場合は、抽出されるまで1分程お待ちください。

(3)茶葉が開いたら、グラスにお茶を注ぎます。

急須を冷蔵庫に保管しておけば、1日以内であれば5煎目ぐらいまで淹れられます。茶葉が開いてからの2煎目以降はより短い時間で抽出でき、氷水を入れて5秒~3分程でできます。

1煎毎に、味と香りが変わっていくのも煎茶の愉しみ方。
最低3煎は淹れて、お楽しみください。

詳しくは、以下のページを参考にしてください。
日本茶インストラクター協会、日本茶の淹れ方

[ 24 ポイント進呈 ]
※商品の性質上、写真と異なる場合があります。

※京中式熟成牛肉は商品の性質上、農家からの牛の仕入れ状況、および長期熟成の状況に伴い供給可能な数や価格に変動が生じる場合があります。誠に恐れ入りますが、最新の価格をご確認の上、ご注文いただきますようお願いいたします。

返品・交換について

生鮮食品のため原則としてお客様のご都合による返品・交換は致しかねますのでご容赦ください。商品の品質には万全の注意を払っておりますが、出荷間違いや配達中の事故等で商品に破損・損傷等が生じた場合は、商品到着の翌日までにご連絡ください。商品到着翌日までにご連絡がない場合、商品の返品・交換はお受けしておりませんので予めご了承ください。商品発送の前日まではキャンセルを承ります。

この商品をみた方へおすすめの商品

前へ
次へ