{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

おすすめの食べ方

シャトーブリアンは、どう焼いてもやわらかい部位です。火がよく入ると、より肉の味と香りを強く感じていただけます。逆に火入れが浅いほうが脂のあま味を感じやすくなります。火の入りすぎは、香りが飛んでしまいますので、おすすめしません。

おすすめの焼き方につきまして、詳しくは、商品に同封します。

同じお肉の熟成前と熟成後を食べ比べるためには、冷凍させるしかありません。今回は、冷蔵でお届けしたく、同じ農家さんで同じ霜降り具合のお肉を選びました。
熟成前は約2週間のコンディショニング、熟成後は約12週間熟成させて切り出します。
どちらも枝肉(えだにく)という状態で温度2~5℃、湿度70~90%の自然対流式冷蔵庫にて保存しました。
熟成前であっても、コンディショニングとして約2週間寝かせた理由は、コンディショニングをおこなわないと1.死後硬直が解けておらず歯切れが悪すぎること、2.血液臭・獣臭が残っていること、これら2点があまりに「おいしい」に影響するネガティブな「おいしさ(まずさ)」であるからです。
もちろん、それらを「おいしい」と感じることもありますが、今回は、理化学的実験ではなく、あくまでも「おいしい」食べ比べですので、コンディショニングを施しました。
因みに国内流通しております国産牛肉の多くは、7~10日のコンディショニングが流通時に経過していると思われます。

熟成前も熟成後も「おいしい」お肉です。
違う「おいしさ」がそこにはあります。お好みや今日の体調や調理方法によっては、熟成前の方が「おいしい」と感じられるかもしれません。
知っていただきたいのは、どんな「おいしい」お肉が熟成によってどんな「おいしさ」が引き出され、どんな「おいしい」お肉になるのか。
お肉の「おいしさ」理解度を深めていただき、「おいしい」経験値を上げていただけますと幸いです。

返品・交換について

生鮮食品のため原則としてお客様のご都合による返品・交換は致しかねますのでご容赦ください。商品の品質には万全の注意を払っておりますが、出荷間違いや配達中の事故等で商品に破損・損傷等が生じた場合は、商品到着の翌日までにご連絡ください。商品到着翌日までにご連絡がない場合、商品の返品・交換はお受けしておりませんので予めご了承ください。商品発送の前日まではキャンセルを承ります。

明日お届けできるお肉

【明日お届け】食べ比べ:京中式熟成の前と後 部位:シャトーブリアン 500g【数量限定】

~熟成肉のおいしさを知る~シリーズ、数量限定商品(3月2日までの到着日指定可能)

商品番号 gd342
  • 送料無料
定価 ¥ 39,960 のところ
当店特別価格 ¥ 39,960 税込
販売を終了しました

1配送につき10,800円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ギフト包装について

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品の特長

特別企画「熟成肉のおいしさを知る」シリーズ、始動!
第1弾:「食べ比べ:京中式熟成の前と後 部位: シャトーブリアン 合計500g(数量限定3)」。

本商品は、京中式熟成の前と後、熟成前のシャトーブリアン(250g、2週間のコンディショニングを施したもの)と、熟成後のシャトーブリアン(250g、10週間の長期熟成、2週間のコンディショニングを含む)を切り出してお届けいたします。京中式熟成の前と後で異なる、味・香り・食感・うま味・甘み・後味をご堪能ください。

数ある部位の中でも最もやわらかい赤身部位として「ヘレ(tenderloin)」があります。その味わいは、とても穏やかで、軽やか。「へレ」よりも少し噛み応えがある赤身部位「ランプ」「クリ」のような肉味ではなく、風味豊かであっさりとした味わいが特長です。そして何より、とてもやわらかい。今回はそんな「ヘレ」の中でも特に味と香りのバランスが良いヘレの真ん中部分『シャトーブリアン』をご注文いただけます。

【数量限定・期間限定】お好きなカットをお選びいただけます。
●焼き肉用(約5mm厚)
●ステーキ用(約15mm厚)

【お届け予定の部位】 シャトーブリアン

※全く同じ個体のお肉の熟成前と熟成後を食べ比べるためには、冷凍させるしか方法がございません。今回は冷蔵でお届けしたく、同じ農家さんで同じ具合のお肉を選んでおります。

京中式熟成は、付加価値として熟成香やうま味を無理に乗せるということはせず、農家さんがつくったお肉の香りや味といった潜在価値を表面化させることを大切にしています。京中式熟成の前と後の「食べ比べ」を通じ、熟成肉の「おいしさ」を知っていただくと共に、京中が見極め、選りすぐり、買い付けた牛の「おいしさ」も知っていただけると幸いです。

熟成前も熟成後も「おいしい」お肉で、そこには違う「おいしさ」があります。ときには、お客さまのお好みや体調、調理方法によっては、熟成前の方が「おいしい」と感じられるかもしれません。ただ知っていただきたいのは、ただでさえ「おいしい」お肉が、熟成によってどんな「おいしさ」が引き出され、どんな「おいしい」お肉になるのか、ぜひご体感いただければ幸いです。

商品の詳細

賞味期限:3日間
保存方法:冷蔵(5℃以下)で保存
原産地:黒毛和牛(国産)

おすすめの食べ方

シャトーブリアンは、どう焼いてもやわらかい部位です。火がよく入ると、より肉の味と香りを強く感じていただけます。逆に火入れが浅いほうが脂のあま味を感じやすくなります。火の入りすぎは、香りが飛んでしまいますので、おすすめしません。

おすすめの焼き方につきまして、詳しくは、商品に同封します。

同じお肉の熟成前と熟成後を食べ比べるためには、冷凍させるしかありません。今回は、冷蔵でお届けしたく、同じ農家さんで同じ霜降り具合のお肉を選びました。
熟成前は約2週間のコンディショニング、熟成後は約12週間熟成させて切り出します。
どちらも枝肉(えだにく)という状態で温度2~5℃、湿度70~90%の自然対流式冷蔵庫にて保存しました。
熟成前であっても、コンディショニングとして約2週間寝かせた理由は、コンディショニングをおこなわないと1.死後硬直が解けておらず歯切れが悪すぎること、2.血液臭・獣臭が残っていること、これら2点があまりに「おいしい」に影響するネガティブな「おいしさ(まずさ)」であるからです。
もちろん、それらを「おいしい」と感じることもありますが、今回は、理化学的実験ではなく、あくまでも「おいしい」食べ比べですので、コンディショニングを施しました。
因みに国内流通しております国産牛肉の多くは、7~10日のコンディショニングが流通時に経過していると思われます。

熟成前も熟成後も「おいしい」お肉です。
違う「おいしさ」がそこにはあります。お好みや今日の体調や調理方法によっては、熟成前の方が「おいしい」と感じられるかもしれません。
知っていただきたいのは、どんな「おいしい」お肉が熟成によってどんな「おいしさ」が引き出され、どんな「おいしい」お肉になるのか。
お肉の「おいしさ」理解度を深めていただき、「おいしい」経験値を上げていただけますと幸いです。

[ 370 ポイント進呈 ]

返品・交換について

生鮮食品のため原則としてお客様のご都合による返品・交換は致しかねますのでご容赦ください。商品の品質には万全の注意を払っておりますが、出荷間違いや配達中の事故等で商品に破損・損傷等が生じた場合は、商品到着の翌日までにご連絡ください。商品到着翌日までにご連絡がない場合、商品の返品・交換はお受けしておりませんので予めご了承ください。商品発送の前日まではキャンセルを承ります。