{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

おすすめの食べ方

お肉の煮込み料理の始まりは、どのくらいやわらかくしたいのか、味をお肉の中に残したいのか、スープやソースに出してしまいたいのか、を定めるところにあります。
その調理後の目標が定まれば、その目標に合わせて部位を選び、カットする大きさを決めます。
ちなみにサササッとシチューを作りたい時には、シチュー用などの塊ではなく、切り落としなどのスライスをオススメします。

適当な大きさにカットしたお肉に塩と胡椒は必ずふるようにしましょう。塩加減は後に調整できますので、少し多めにふっておくと良いでしょう。
フライパンに油を多めにしいて、お肉を炒めます。油に香りや辛みが溶け出るタイプのスパイスを使うときには、この時に一緒にいためましょう。ただし、京中式熟成牛肉の香りを生かしたい時には、スパイス・ハーブの使いすぎは要注意。
お肉のどの面にも焼き目が付いたら、一度、お皿に逃しましょう。
次にお野菜ですが、玉ねぎと人参は、必ず入れましょう。他は、お好みで、入れたい野菜を入れると良いかと思いますが、じゃがいもやカブなどのすぐにやわらかくなる食材は要注意です。入れるタイミングをずらしましょう。
さて、玉ねぎをしっかり炒めるスタイルとあまり炒めないスタイルと、仕上がりに影響がでますので、あま味とコクを重視するのであれば、しっかりと炒めますが、あっさりと仕上げたい場合は、少ししんなりする程度で良いです。
人参もちゃんと炒めて、味と香りが引き立たせましょう。
野菜に適当に火が入ったら、お肉を戻して、水をひたひたになるまで入れます。この時にローリエ等の水溶性のハーブも一緒に入れましょう。
ワインや日本酒、少しの昆布や醤油、野菜ジュースなども入れると味に奥行きが生まれます。
あまり入れすぎると味がぐちゃぐちゃになってしまいますので、気をつけましょう。
また、この時に塩を入れてしまうと食材の味が出すぎてしまうので、塩を入れるのは、ある程度煮込んでからにしましょう。

火にかけ、グツグツきましたら、ある程度アクが出てくるまで沸騰してアクが回ってしまわないように火加減を調整してまちます。最初にぐつぐつきてから、約10分後に最初のアクを一気に取りましょう。
その後、お肉がお好みのやわらかさになるまで、1~6時間煮込みます。ちょいちょいアクは取るようにしましょう
お肉が好みのやわらかさになりましたら、塩を入れますが、少し薄いなと感じる程度で止めましょう。でないと、温め直すたびに塩っぱくなってしまいます。
冷ましてから、冷蔵庫で一晩置いておき、翌日、浮いて冷え固まった脂を取ると、よりスッキリとしたシチューをお楽しみいただけます。

※商品の性質上、写真と異なる場合があります。
※京中式熟成牛肉は商品の性質上、農家からの牛の仕入れ状況、および長期熟成の状況に伴い供給可能な数や価格に変動が生じる場合があります。誠に恐れ入りますが、最新の価格をご確認の上、ご注文いただきますようお願いいたします。

返品・交換について

生鮮食品のため原則としてお客様のご都合による返品・交換は致しかねますのでご容赦ください。商品の品質には万全の注意を払っておりますが、出荷間違いや配達中の事故等で商品に破損・損傷等が生じた場合は、商品到着の翌日までにご連絡ください。商品到着翌日までにご連絡がない場合、商品の返品・交換はお受けしておりませんので予めご了承ください。商品発送の前日まではキャンセルを承ります。

煮込み用

京中式熟成肉煮込み用牛スネ

4~6時間煮込むと他の部位には無い力強い味わいをお楽しみいただけます。

商品番号 BM06190403
  • 冷蔵
300g ¥ 2,592 税込

1配送につき10,800円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ギフト包装について

商品の特長

肉は、煮込むことでやわらかくなりますが、部位によってやわらかくなる時間が異なります。
スネは、ただ焼いて食べると非常にかたい部位ですが、4時間以上煮込むとトロトロになり、とてもやわらかくなります。
また、全60部位の中で体をうごかすために最も使われる部位であり、味と香りが最も濃くなる部位です。
煮込むことでその味と香りが肉から煮込み汁へと溶け出しながらも、肉の中にも残りやすいので、スープも肉もおいしい煮込み料理になります。

【お届け予定の主な部位】スネ

商品の詳細

消費期限:出荷日より3日間
保存方法:冷蔵(10℃以下)で保存
原産地:黒毛和牛(国産)

おすすめの食べ方

お肉の煮込み料理の始まりは、どのくらいやわらかくしたいのか、味をお肉の中に残したいのか、スープやソースに出してしまいたいのか、を定めるところにあります。
その調理後の目標が定まれば、その目標に合わせて部位を選び、カットする大きさを決めます。
ちなみにサササッとシチューを作りたい時には、シチュー用などの塊ではなく、切り落としなどのスライスをオススメします。

適当な大きさにカットしたお肉に塩と胡椒は必ずふるようにしましょう。塩加減は後に調整できますので、少し多めにふっておくと良いでしょう。
フライパンに油を多めにしいて、お肉を炒めます。油に香りや辛みが溶け出るタイプのスパイスを使うときには、この時に一緒にいためましょう。ただし、京中式熟成牛肉の香りを生かしたい時には、スパイス・ハーブの使いすぎは要注意。
お肉のどの面にも焼き目が付いたら、一度、お皿に逃しましょう。
次にお野菜ですが、玉ねぎと人参は、必ず入れましょう。他は、お好みで、入れたい野菜を入れると良いかと思いますが、じゃがいもやカブなどのすぐにやわらかくなる食材は要注意です。入れるタイミングをずらしましょう。
さて、玉ねぎをしっかり炒めるスタイルとあまり炒めないスタイルと、仕上がりに影響がでますので、あま味とコクを重視するのであれば、しっかりと炒めますが、あっさりと仕上げたい場合は、少ししんなりする程度で良いです。
人参もちゃんと炒めて、味と香りが引き立たせましょう。
野菜に適当に火が入ったら、お肉を戻して、水をひたひたになるまで入れます。この時にローリエ等の水溶性のハーブも一緒に入れましょう。
ワインや日本酒、少しの昆布や醤油、野菜ジュースなども入れると味に奥行きが生まれます。
あまり入れすぎると味がぐちゃぐちゃになってしまいますので、気をつけましょう。
また、この時に塩を入れてしまうと食材の味が出すぎてしまうので、塩を入れるのは、ある程度煮込んでからにしましょう。

火にかけ、グツグツきましたら、ある程度アクが出てくるまで沸騰してアクが回ってしまわないように火加減を調整してまちます。最初にぐつぐつきてから、約10分後に最初のアクを一気に取りましょう。
その後、お肉がお好みのやわらかさになるまで、1~6時間煮込みます。ちょいちょいアクは取るようにしましょう
お肉が好みのやわらかさになりましたら、塩を入れますが、少し薄いなと感じる程度で止めましょう。でないと、温め直すたびに塩っぱくなってしまいます。
冷ましてから、冷蔵庫で一晩置いておき、翌日、浮いて冷え固まった脂を取ると、よりスッキリとしたシチューをお楽しみいただけます。

[ 24 ポイント進呈 ]
※商品の性質上、写真と異なる場合があります。
※京中式熟成牛肉は商品の性質上、農家からの牛の仕入れ状況、および長期熟成の状況に伴い供給可能な数や価格に変動が生じる場合があります。誠に恐れ入りますが、最新の価格をご確認の上、ご注文いただきますようお願いいたします。

返品・交換について

生鮮食品のため原則としてお客様のご都合による返品・交換は致しかねますのでご容赦ください。商品の品質には万全の注意を払っておりますが、出荷間違いや配達中の事故等で商品に破損・損傷等が生じた場合は、商品到着の翌日までにご連絡ください。商品到着翌日までにご連絡がない場合、商品の返品・交換はお受けしておりませんので予めご了承ください。商品発送の前日まではキャンセルを承ります。